前へ
次へ

営業求人に見る転職理由

愚直に勤め上げるとはいいますが、営業求人にこそ適している言葉ではないでしょうか。
営業一筋であれば、そこそこの数をこなすこともしているでしょうが、追うことに抵抗があれば、なかなか営業求人には目も向かない傾向です。
かたや転職では、結果(成果)や給与に貪欲でなかった新入社員時代から早数年でなにかしらを考えるようになるといいます。
チャンスと評価が不平等な会社にてバカ正直に商品やサービスを売り歩くことに疲れてしまうことを理由に、転職先を考える者も少なからずいるでしょう。
次のチャンスと評価が平等であれば、成果を出しやすくもなりますし、やる気(モチベーション)にも繋がるでしょう。
大きなプロダクトを扱いたい、そうした夢をカタチにできるチャンスを逃さないためには、成長中の企業情報をキャッチする転職支援・仲介業者を活用しましょう。
下層に配置された者でも、一気に上層に配置されるというような、そうした上層レイヤーにもなれることはあります。

Page Top